とあるゲームの片隅で。

Guild Wars 2で遊んでいます。まいにち迷走中。

社交辞令は許さない

21
モードを選べる風景

Sorrow's Embrace (ソロウズ・エンブレイス)
意訳すると・・・悲しみを抱いてってところでしょうか?
ストーリーモードにしたらきっとそんなお話が見えるのでしょう。

先日ハジメマシテの古参のプレイヤーさんが
A氏と私をダンジョンに連れて行ってくれました。\(^o^)/
社交辞令じゃなかった嬉しさ。




22
初めて入るダンジョン


丁寧にレクチャーをしてくれたのでMEMOした覚書
このゲームのIDは2つあってくりあすると少々もらえるEXPと
NPCとのストーリーを楽しむストーリーモードがある
だんじょんに入るときに選ぶ(今回はEXP)

PT募集画面にEXPとかP1~3とか書いてあったら、大体EXPモードのこと
Experienced とか 80s とか書いてたら、
プレイしたことがあってLv80になってる人募集

ダンジョンで気をつけることは、赤い円はよける
誰か倒れたらFで起こす(起こしてるアイダは無防備なので気をつける)
味方が戦闘中は復帰ができない




23
いざ参らん


このダンジョンに来たのは
私が適当に数字を60としたから、Lv60のダンジョンに。
雪国MAPだったので、故郷から出発の気持ちだが
エンジニアはノルンじゃなかった。


もう、本当にこんなに親切にしてもらえるゲームがまだあるなんて。
リアルで渡米して異国で迷子になったときに
同じ日本人に出会えたらこんな感動をするんだろうなぁ、、、
海外ゲームでプレイするのは、もうその時点である程度気質が似てるのか、
初めて会った気がしない。。。。

もうずっとギルメンだったんじゃないかと錯覚してしまった。
それくらいフレンドリーで親切で。

今回は時間的に、難易度的にExpのP1とP3をしたのだという。
楽しかった。 なんてお礼を言えばいいのか。
ありがとうございます\(^o^)/





関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mrgtwkm.blog.fc2.com/tb.php/12-f924f46a
該当の記事は見つかりませんでした。